インターネットでLPレコードを購入した。
LPを最後に買ったのはいつだっただろう・・・・・?
1980年代の半ばにCDが登場してからは、買った記憶がない。

今回、購入したのは南佳孝の「冒険王」(1984年)。
帯には「心の少年少女に送る大冒険浪漫絵巻」と謳ってあり、戦前の冒険小説を彷彿とさせるレトロフューチャーなSF世界あり、密林の冒険あり、ジャズ・エイジの煌めきあり、心躍る浪漫の世界が広がっている!
作曲は南佳孝、作詞は松本隆。

当時、レンタルレコード店で借りて録音したカセットテープを愛聴していた。
その後、CD化されたものを持っているが、これはLP盤が欲しいと長年思っていた。

比較してみると、LPのジャケットサイズはCDの約5倍ある。
ジャケットのイラストを担当しているのは、サンダーバード等のプラモデルパッケージでも有名な小松崎茂先生。
小さいCDサイズでは、このイラストを堪能できないのだ。せっかくの小松崎先生の絵がもったいない。


↑ジャケット裏面と、CDの歌詞カード


↑歌詞カードの裏面には、イラストが3面にどーんと載っている。CD版には無い。

歌詞カードの文字は隷書体。
クレジットの記載も
「ボーカル⇒歌唱」
「ドラムス⇒太鼓」
「ベースギター⇒太弦楽器」
「ギター⇒細弦楽器」
「キーボード⇒鍵盤楽器」
「コンピュータープログラマー⇒電子頭脳記号射手」
etc.etc…と遊び心満載!!

この年齢になると、CD版の歌詞カードの文字の小さいサイズは見づらくて辛い!(>_<)

アルバム「冒険王」の紹介ページ(南佳孝公式サイト)へのリング⇒