「キングで勝負」

原題は「Finessing the King/キングを出し抜く」。原作では、前半の「キングを出し抜く」と後半の「The Gentleman Dressed in Newspaper/新聞紙の服を着た男」に分かれている。

【登場人物】
レディー・メリヴェール・・・殺された婦人
アーサー・メリヴェール卿・・・被害者の夫
ビンゴ・ヘイル大尉・・・メリヴェール卿の友人
新聞紙の服を着た男・・・???


【ストーリー】
タペンスは新聞に載っていた暗号めいた伝言文に目を留める。「キングをフィネスする必要あり」という言葉の意味を解明しようと、トミーと共に仮装パーティーに参加する。そして伝言文で示唆された店「スペードのエース」で殺人事件が起こった。ハートのクイーンに扮した女性がナイフで刺されているのをタペンスが発見し、女性は犯人の名前を告げて息絶える。
その翌日、マリオット警部が被害者の夫を連れて、2人の元を訪れる・・・

【鏡の国のアリス/紙の服を着た男】

ハートのクイーンの衣装をまとった女性と一緒にいた新聞紙の服の男を見て、タペンスは「新聞を着た紳士のエスコートなんて『不思議の国のアリス』じゃない」と言う。
また、容疑者のビンゴ・へイルは、自分の衣装は『不思議の国のアリス』の愛読者の家政婦が考えてくれたと証言する。
紙の服を着た男は、正確には続編の『鏡の国のアリス』に出てくる。

 

【シャーロック・ホームズとワトソン博士】

トミーとタペンスはシャーロック・ホームズとワトソン博士に扮して仮装パーティーに出掛ける。パーティーには気乗りしない様子のトミーだったが、タペンスが手配した衣装がホームズ&ワトソンと知ると急に乗り気になり、「僕は鳥打帽がよく似合う」とホームズになる気満々!フタをあけてみるとタペンスがパイプを手にしたホームズ、トミーが首から聴診器をぶら下げたワトソン博士に扮していた。

【原作との違い】

・ドラマでは、トミーとタペンスはホームズ&ワトソン博士のコンビに扮して仮装パーティに繰り出すが、原作ではアメリカの女流作家イザベル・オストランダーの生み出したティモシー・マッカ―ティーとその友人リオーダンの扮装をする。

・ビンゴの弁護士からの依頼で、トミーとタペンスがビンゴ本人から話を聴く場面があった(原作には無い)。また、ドラマでは凶器の短刀はビンゴの持ち物だが、原作では被害者本人の物だった。終盤の銃の使用も原作には無い演出だった。

<<第2話へ/第4話へ>>

「トミーとタペンス~おしどり探偵/二人で探偵を」トップへ戻る>>>>